働き方による世帯収入の違い−アルバイト求人情報「バイト!」
働き方による世帯収入の違い−アルバイト求人情報「バイト!」


 103万円の壁にこだわって働くのか、あまり気にせずバリバリ働くのかによって、税金や保険料が変わってきます。 どれくらい収入を得ると、世帯収入がどう変化するのかを考えてみましょう。

 年収100万円以内なら働いて得た給与全てが収入になる金額です。
 住民税の対象となる103万円まで働いたとしても、徴収されるのは数千円程度です。

 年収130万円を超えた場合、税金の他に健康保険と年金の保険料を負担することになります。
 保険料が差し引かれる分、手取り収入は減ってしまうので、年金は将来の備えにはなりますが、現時点での世帯収入はあまり増えないことになります。

 年収150万円超になると、世帯収入の増加割合が良くなるので、130万円を超えるなら、150万円以上を目指した方が良いです。
 会社の健康保険と厚生年金ではなく、国民健康保険と国民年金に加入する場合は更に負担が大きくなるので、年収160万円以上を目指すとさらに良いでしょう。

 夫が自営業などで国民健康保険や国民年金に加入している場合は、主婦の方も国民健康保険や国民年金に加入しているので130万円の壁を気にしないで働くことができます。


Copyright(C) 2009
アルバイト求人
情報「バイト!」

働き方による世帯収入の違い−アルバイト求人情報「バイト!」