アルバイトをする際の注意点−アルバイト求人情報「バイト!」
アルバイトをする際の注意点−アルバイト求人情報「バイト!」


 雇用保険をもらうには失業状態にあって、積極的に再就職のために求職活動を行っていることが大前提です。

 給付制限期間中は少なくとも3回、支給開始以降は2回、ハローワークが行う職業相談や職業紹介を受けたり、求人企業へ応募(応募書類の送付、面接試験など)をしたり、求人企業へ募集に関する問い合わせをするなどの求職活動を行う必要があります。

 それらの活動を申告すると同時に、アルバイトをした場合は就労した日やアルバイト代も合わせて申告しなければならないことになっています。 14日以上の継続したアルバイトをしていると再就職したみなされることもあるので、失業認定日などと重ならない日程で、単発のアルバイトをするのが無難です。

 アルバイトをしたからと言って保険給付額が減ることはなく、その分の支給が後回しになるだけで、受け取り総額は同じです。 申告しなかった場合には不正受給とされ、不正に受給した手当の返還が求められることになります。


Copyright(C) 2009
アルバイト求人
情報「バイト!」

アルバイトをする際の注意点−アルバイト求人情報「バイト!」